車椅子用段差解消スロープデクパック EBL25m車いす車イス玄関用 階段用 段差解消スロープ車椅子(車いす 車イス

車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2.5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)                                                                                                                             段差解消スロープ 車椅子(車いす 車イス)
車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2.5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)                                                                                                                             段差解消スロープ 車椅子(車いす 車イス) 車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2 玄関用 5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)
車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2.5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)                                                                                                                             段差解消スロープ 車椅子(車いす 車イス) 車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2 玄関用 5m(車いす 車イス 玄関用 階段用) 解消スロープの通信販売TCマートでは車椅子用
車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2.5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)                                                                                                                             段差解消スロープ 車椅子(車いす 車イス) 車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2 玄関用
車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2.5m(車いす 車イス 玄関用 階段用)                                                                                                                             段差解消スロープ 車椅子(車いす 車イス) 車椅子用段差解消スロープデクパック EBL2 玄関用
yhuhy yhuhz yhuhu yhuhw yhuhf yhuhg yhuha yhuhi yhuhj yhuyh

【改訂版】誰にもマネできないブログを『書き続けるコツ』、すべて公開します。 車イス 段差解消スロープ EBL25m 車椅子用段差解消スロープデクパック 車いす 階段用 車椅子 玄関用

 

レイアウトの変更、加筆、修正を行いました。

「レビューの書き方」 の章を新たに書き加えています。マネタイズのご参考にどうぞ。

継続は力なり とは分かっていながら、コツコツ続けるっていうのはすごく難しいことです。特にブログの更新は一人で行うため、結果がついてこないとその意味を見出せずにやめてしまう人が多い世界と言えます。

このブログを本格的に書き始めて約半年、これまでに学んだ 続けられるブログ、自分だけのオリジナルコンテンツを書くコツを すべて公開します。 かなりの長文ですので時間のある時にお読みください。

はじめにお断りしておきますが、本エントリでは、あくまで堅実にコツコツとブランディングを構築しながら、どんなブログを書いていけば良いのか。

そして継続して書くにはどうすれば良いのか、と言った たいへん地味なエントリーです。 また、1日1記事、3か月で100記事書け!といったアドバイスもありますが、半年以上運営していてもまだ その半分にも満たない記事数 です。

1日1記事はとてもじゃないけどムリ!という人にとっても再現性は高い のではないかと思いますので、長い目で見てブログの収益化を目指していこうとする方に向けて書きます。

どんなテーマでブログを書くのか

 

ブログを始めるにあたって、 テーマ選びは最重要事項 です。

思いついたまま何でも書き散らかすのは得策ではありません。

その場合、軌道修正が非常に困難になると考えられるからです。

現に【雑記ブログ】というジャンルは扱うネタの幅が広い為、参入者が多く かなりのレッドオーシャン です。新しいブログが生まれては消えていくのがこの雑記ブログが多いように感じます。

言ってしまえば誰でも参入できるため個性の出しにくいジャンルとも言えます。

シンプルに「自分の好きなこと」 について書いています。デザインを仕事にしていますので、仕事上での考え方や技術的なノウハウであれは、 ブログの為にネタを仕入れる必要はありません。 また、ニーズもあると思ったのでデザインに関連することを主軸として書いています。

Archive

 

ここでは、1日中電気を使う方向けに 「1DAY型」の説明 をしたいと思います。1DAY型の特徴やメリットデメリット、最適な契約プランについて詳しく知っておきましょう。

1DAY型は、24時間営業の店舗や工場に多い「電気の使い方」

1DAY型と呼ばれる「電気の使い方」があります。

1日中電気を使う「1DAY型」は、病院や工場、24H営業に多い形態

1DAY型は名前の通り「1日中電気を使う」タイプを指します。24時間営業の店舗、病院、工場などは、1DAYタイプに分類されます。

一般家庭は「1DAY型」にあてはまらない

私たちが住む一般の住居は、1DAYタイプの使い方をすることは無く、朝昼型や深夜型など 「特定の時間に集中した使い方」 をします。

 

1DAY型は「電力の使用量が一般より大きい」ため、選ぶ電力会社によっては、 大幅なコスト削減 が見込めるでしょう。

大きなオフィス、工場、店舗を経営している方(事業者)は、電力自由化をきっかけとして「契約プランの乗り換え」を検討してみてください。

同じカテゴリの関連記事

実績ある事業者と契約すれば、安定供給が確保できる!

 

電力自由化では「新規事業者」の参入がクローズアップされています。しかし、安かろう悪かろうではいけません。特に、電力を多く必要とする工場や病院が停電しては大変です。

万が一、病院や医療機関が停電しては、重大な事故を招いてしまいます。

もちろん、医療機関の場合は電力のバックアップ体制が敷かれていますが、長期間電力が不足しては、患者さんの命に関わるため、大変危険です。これまで、1DAY型で契約をしていた場所に関しては、信頼できる(実績を持った)事業者と契約するのが一番です。

まとめ:1DAY型なら「実績のある事業者」と契約する方が良い!

1DAY型は「毎日たくさんの電力」を必要 とします。特に、工場や医療機関は、いつでも安定した電力供給が必要です。電気代の問題も重要ですが、電力の不足は、命に関わる問題や会社の経営に関わることです。

 

価格重視ではなく、安全第一でプランの見直しを進めてください。

これまで通り「安定した供給」を望むのならば、従来の電気会社やガス会社など 「実績のある事業者」と契約 されるようおすすめします。

1DAY型を利用中の方、事業主、工場経営者の方、中小企業の方は、ぜひ「2016年4月以降」プラン選びの参考にしてください。

人気記事ランキング